チームプレーであらゆる事態を切り抜ける、後方支援のスペシャリスト。

情報への嗅覚と迅速な対応力でフライトを支える、運航支援という仕事。

オペレーションサービス部で私が担当しているのは、運航支援業務。さまざまなかたちで地上から運航をサポートする仕事です。一つは、安全かつ快適なフライトの支援。出発前にはパイロットと対面で、目的地や飛行ルート、航路の天候を入念に確認します。離陸後もパイロットと常に連絡を取り合い、最適な高度やルートを選択できるよう天候情報などを無線で提供していきます。また機内でお客様がお加減を悪くされた場合にも、私たちのサポートが必要とされます。まずは機内に医療従事者が乗っているかを確認し、同乗の場合には必要に応じて応急処置を依頼します。急病のお客様がいらっしゃる航空機は、優先的に滑走路へ着陸できるのですが、他の便と調整しながら到着ゲートを確保することも重要なミッションです。車いすや救急車の手配をするなど、万全の体制で到着便を迎えます。

高いレベルで連携が求められる仕事の、やりがいと難しさ。

「ユーモアや挑戦心があって型にはまらない」そんなANAASの社風に惹かれて入社を決めました。一つひとつの仕事をメンバー間で気持ちよく行うために、常に笑顔でいることを心がけながら、先輩や同僚たちとのチームプレーで仕事をする毎日に大きなやりがいを感じています。一方で、人と人とのコミュニケーションで進めていく仕事ならではの難しさも感じています。たとえばフライト中の乗務員に天候情報を伝える際、私がデータを確認しながら「少し揺れます」と伝えても、それがどの程度の揺れなのか、相手は見当がつきません。こうした微妙なニュアンスのズレが、快適な運航に支障を来たす原因となってしまうこともあるのです。これを解消するには経験を重ねるしかないので、いろいろなスタッフと積極的にコミュニケーションをとって経験を積んでいきたいと思っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

これからの目標

安全快適な空の旅をデザインする運航管理者を目指して。

直近の目標は、運航支援のまとめ役である「運航管理者」の資格を取ることです。運航には、飛行高度や経路、搭載する装置、燃料の量などを規定した計画書を管制官に提出する必要があります。運航支援を担当する私たちもその計画書に基づいて業務を行うのですが、それを作成するのが運航管理者です。天気図を正確に読み解き、安全かつ快適なフライトを設計する。責任重大ですが、それ以上に大きなやりがいが感じられる仕事だと私は思います。

プライベートショット

プライベートショット
平日は柔軟に、休日は大胆に、
自分らしい時間の使い方でオフを満喫。

シフト勤務は自由な時間が少ないように思われがちですが、そんなことはありません。確かに就業時間帯にバラつきはありますが、早番の勤務後などは平日に自由な時間ができるので私は気に入っています。たまの連休には、趣味の旅行でリフレッシュしています。先日は休みが重なった同期と2人で石垣島に行ってきました。